2 教育原理

ブルーナーとブルームを解説!覚え方【保育士試験】

どーも ほいくまさきだぜ!

この記事では「教育原理」でみんながめっちゃ間違える

ブルーナーとブルームについて解説していくぜ

この記事はこんな人におすすめ
  • 「教育原理」を受験する人
  •  ブルーナーとブルームがどんな人かわからない人
  •  ブルーナーとブルームの覚え方を知りたい人

▼このページと同じ内容の動画

このブログでは保育士試験に独学一発合格したほいくまさきが、保育士試験のポイントを解説しているぜ!

YouTubeもやってるぜ★

ブルーナーの要点
  • 発見学習を提唱
  • 「どの教科でも、知的性格をそのままに保って、発達のどの段階のどの子どもにも効果的に教えることができる」という仮説を著書『教育の課程』で述べた

ブルームの要点
  • 「3つの評価」からなる完全習得学習を提唱した
  • 「3つの評価」は、診断的評価・形成的評価・総括的評価
  • 特に形成的評価を重視した

ブルーナーってどんな人?

ブルーナーは発見学習を提唱した人物です。

発見学習は学習者が自分で仮説を立て、答えや法則を見つけて、物事の構造を掴む学習方法です。

発見学習のメリットは、応用力や自ら学ぶ力がつくことです。

ただ発見学習には多大な時間と労力がかかるというデメリットもあるため、

後にオーズベルは発見学習を批判しているんだぜ。

ブルーナーは

どの教科でも、知的性格をそのままに保って、発達のどの段階のどの子どもにも効果的に教えることができる

という仮説からはじめることにしよう!!

と著書『教育の課程』で述べています。

これは「学び方次第で幼児でも、学生で学ぶようなことを理解できる」というような意味です。

ブルームってどんな人?

ブルームは

今までの教育だと生徒の1/3しか理解できない気がするなあ

と従来の教育を批判しました。

そこでブルームが生み出したのが完全習得学習です。

ブルームは完全習得学習について、

この方法なら95%の生徒が理解できる!

と述べています。

完全習得学習は3つの評価から構成されています。

  1. 診断的評価 学習前に行う。学習者の知識の把握。
  2. 形成的評価 学習途中に行う。達成状況の確認。小テストなど。
  3. 総括的評価 一連の学習終了時に行う。最終確認。単元テストなど。

ブルームは特に2つめの形成的評価を重視しました。

学習者のつまづきがないか途中でチェックすることが一番大事ってことなんだな

考えてみると小学校のときの授業でも、

評価が随時行われて進んでいった気がするぜ!

 

ブルーナーとブルームの覚え方

めちゃくちゃまぎらわしいブルーナーとブルーム、

こんな感じで覚えるのはどうだ?

 

間違えやすいポイント

ブルーナー、ブルーム、デューイ……この3人は全員、学習理論の提唱者です。

保育士試験ではこの3人が提唱した学習をミックスして、ひっかけ問題を出してくることがよくあります。

 

間違えやすいポイントなのでしっかり覚えましょう!

デューイを解説!実験主義・問題解決学習【保育士試験】教育原理頻出のデューイの頻出事項を、保育士試験独学合格者がわかりやすく解説します!...

 

まとめ

ブルーナーの要点
  • 発見学習を提唱
  • 「どの教科でも、知的性格をそのままに保って、発達のどの段階のどの子どもにも効果的に教えることができる」という仮説を著書『教育の課程』で述べた

ブルームの要点
  • 「3つの評価」からなる完全習得学習を提唱した
  • 「3つの評価」は、診断的評価・形成的評価・総括的評価
  • 特に形成的評価を重視した

関連記事