合格のための情報

【必見!!】保育士試験合格への手順【独学合格者が解説】

このページがおすすめな方
  • 保育士試験の合格までの手順を知りたい方はこちら
  • 保育士試験とはどのような試験なのか知りたい方
  • 保育士試験を受けようかと考えているものの、なにから始めればいいかわからない方

どーも! ほいくまさきだぜ!

今回は保育士試験に独学で一発合格したほいくまさきが

保育士試験に合格への手順を解説していくぜ!

はじめに~保育士試験ってどういう試験?~

保育士試験は、国家資格である保育士資格をとるための国家試験です。

短大卒&大卒であれば保育士とは関係のない学部・学科卒でも受験することができます。

専門学校・高卒・中卒・勤務経験がある方の場合は

ケースによって分かれるので

全国保育士要請協議会のHPの受験資格確認ページ

をチェック!

保育士試験には

  • 一次試験(筆記試験)
  • 二次試験(実技試験)

があります。

一次試験の筆記試験は9科目、二次試験の実技試験は2分野(※3分野の中から選択)となっているぜ

一次試験の筆記試験は、一度合格した科目は3年間再受験が免除されるんだ

回数を重ねるほど受かりやすくなる試験なんだぜ

 

合格率は20%前後となっていて、難易度は低くはないですが

保育士試験は計画的に勉強すれば独学や通信講座で合格できます。

 

現在ほいくまさきは保育園で働いているが、

保育園には保育士試験に合格した保育士さんがチラホラいるぜ。

だから安心してほしい!

それでは今から保育士試験合格までの手順を説明していくぜ!

 

手順①受験する日を決めよう

まずは受験する日を決めましょう。

保育士試験の一次試験は

前期(4月)と後期(10月)の年2回実施されています。

一次試験に通過したら2~3か月後に二次試験(実技試験)というスケジュールになっているぜ

前期(4月)と後期(10月)のどちらを受験するかを決めましょう!

保育士試験の申込は

  1. 受験申請の手引きを請求(インターネット&郵送で請求)
  2. 必要書類を手配する&受験料振込
  3. 受験申請書提出

という流れになっています。

受験申請の手引きの請求の期限は一次試験のおよそ3か月前となっています。

(かなり早いので注意!!!!)

保育士試験の情報は

保育士試験を受ける方へ(全国保育士養成協議会)

という公式サイトに記載されているぜ

受けたい日に間に合うかどうかはこの公式サイトで確認しよう!

 

手順②勉強時間を確保しよう

保育士試験の勉強時間は、初学者でおよそ100時間~150時間だと言われています。

1日1時間の勉強なら4ヵ月程度は毎日勉強する計算になります。

60時間程度の勉強で合格した方もいますが、

年度によって難易度が大きく異なるため100時間は最低でも確保できるようにしましょう。

手順③独学か通信講座か決めよう

保育士試験の勉強方法は大きくわけて

独学・通信講座の2つです。

どちらにもメリット・デメリットがあるんだ

自分に合うと思う方を選択しよう!

独学のメリット・デメリット

メリット

  • 費用が安い
  • 自分のペースで勉強ができる

独学の最大のメリットは費用が安いことです。

2万円程度あれば勉強ができます。

【2万円の内訳】

受験料+受験申請の手引き郵送料 ¥12950 

テキストと問題集        ¥7000程度

▼おすすめテキストや、独学合格した際に使っていたテキストを知りたい方はこちら

https://hoikumasaki.com/osusumebook

自分のペースでコツコツと学習することができるのも独学のメリットです。

自分で計画を立て、しっかり実行できる人には独学がおすすめです。

 

デメリット

  • 合格するまでに時間がかかりやすい
  • わからないところが質問できないため、効率が悪い
  • 二次試験の実技試験に不安が残りやすい

独学の最大のデメリットは合格までに時間がかかりやすいことです。

受験年の科目によっては独学のテキストでの対応が難しく、

わからないところを放置しやすいので効率が悪いためです。

また指導者がいないため二次試験(実技試験)の実践的対策はどうしても難しくなります。

ちなみに二次試験は↓の3つから2つを選択して受験するぜ

  1. 弾き歌い
  2. 絵画
  3. お話  

 

通信講座のメリット・デメリット

メリット

  • わからないところの質問ができる
  • 効率よく勉強できるため、合格まで時間がかかりにくい
  • 二次試験(実技対策)がしやすい

通信講座のメリットはわからないところの質問ができることです。

保育士試験の勉強をしていると、頻繁によくわからないところが出てきます。

通信講座なら確かな答えを知る機会を得ることができるので

効率がよく勉強ができ、合格まで時間がかかりにくいです。

また二次試験(実技対策)はDVDで勉強できる講座もあるので対策が独学よりしやすいです。個別指導を受けられるところもあります。

▼通信講座の比較はこちら

保育士資格の通信講座の大手4社を徹底比較!【おすすめランキング】(※この記事は2022/03/06時点の情報です) ④LECの保育士合格講座は資料請求はあ...

 

資料請求は無料だぜ!(LEC以外)

 

デメリット

  • 費用が高い

通信講座は3万~7万程度かかるため、独学よりも高いです。

とはいえ保育士試験の「受験料+受験申請の手引き郵送料」は12950円であるため

独学で何度も受験するよりも、通信講座で一発合格したほうが安いケースもあります。

 

手順④計画をたてよう

勉強をはじめるまえに必ず計画をたてましょう!

最初にたてる計画はざっくりで大丈夫だ(勉強途中で計画とのズレが生じてくるため)

「4月に試験だから、2月には●●の科目まで勉強を終わらせておこう」

といった感じでOK!

 

手順⑤勉強しよう~おすすめの勉強法~

手順④で立てた計画通りに勉強していきましょう!

保育士試験のおすすめ勉強法

  1. 問題集1冊を最低5回解いて、完璧に解けるようにする
  2. 過去問を6回分(できれば10回分)やって、完璧に解けるようにする

※わからないところは参考書(テキスト)で確認する

▼具体的な勉強方法を知りたい方はこちら

【勉強法】保育士試験に独学で一発合格!【独学合格者がおすすめ】 ▼リアルな合格体験記を知りたい方はこちら https://hoikumasaki.com/goukakut...

▼実技試験の造形試験の対策方法を知りたい方はこちら

【合格者が解説!】造形試験の対策方法【実技試験】(保育士試験対策) 人気記事 【勉強法】保育士試験に独学で一発合格! 【必見!!】保育士試験合格への手順 ...

当サイトほいくまさきの保育士試験講座でもわかりづらい部分を解説しているぜ

Youtubeもでは聞き流し動画一問一答動画をアップしているぜ

 

さいごに

このページでは保育士試験に合格するための手順を話してきたぜ。

ほいくまさき自身、資格勉強を通して保育や子育てのいろんな知識を深めることができたから、保育士資格をとってよかったと思っているぜ

もし「保育士試験、挑戦してみたい!」という気持ちになったら一緒にがんばってみよう!!応援しているぜ!!

 

関連記事

【保育士試験】一発合格体験記【勉強期間・独学勉強方法・テキスト・アプリ】 このページでは保育士試験に独学で一発合格したほいくまさきが、 合格体験記を書いていきます。 (実際にかかった...
【勉強法】保育士試験に独学で一発合格!【独学合格者がおすすめ】 ▼リアルな合格体験記を知りたい方はこちら https://hoikumasaki.com/goukakut...
2023年保育士試験おすすめテキスト(参考書)・問題集3選【独学合格】このページでは「保育士試験の本、なにを選べばいいかわからない」という方向けに、一発合格者がおすすめのテキストや問題集などを紹介しています!...
保育士資格の通信講座の大手4社を徹底比較!【おすすめランキング】(※この記事は2022/03/06時点の情報です) ④LECの保育士合格講座は資料請求はあ...