2 教育原理

ソクラテス・プラトン・アリストテレスを解説!覚え方(教育原理)【保育士試験】

どーも! ほいくまさきだぜ

今回は「教育原理」で出題される古代ギリシャの哲学者たち

ソクラテス・プラトン・アリストテレスについてやっていこうぜ

このページはこんな人におすすめ
  • 「教育原理」を受験する人
  • 3人の違いがわからない人
  • 3人の覚え方を知りたい人
このブログでは保育士試験に独学一発合格したほいくまさきが、

保育士試験のポイントを解説しているぜ! YouTubeもやってるぜ★

要点

ソクラテス

無知の知・産婆術

 

プラトン

アカデメイアの設立者・代表作『国家』

 

アリストテレス

リュケイオンの設立者

この3人はどんな人?

ソクラテス・プラトン・アリストテレスは紀元前の人物で、古代ギリシアの哲学者です。

ソクラテスはプラトンの師匠で、

プラトンはアリストテレスの師匠という関係性です。

ソクラテス

ソクラテスは無知の知という概念を示した人物です。

「無知の知」 知らないということを知っているという状態のこと

ソクラテスは

無知の知に達することで自らの力で真理を発見していくことができる

という考えを持っていました。

そのためソクラテスは話し相手を見つけては、疑問を投げかけ続け、相手の自らの無知、つまりは「無知の知」を自覚させていきました。

(こんなイメージ↓)

世の中では金が一番大事だ!

ほう、なぜそう思うのですか?

なぜって、それは金があれば何でも手に入れられるからだ

何でも手に入れられるのですか?

そうだ!家も買えるし、車も買えるし、土地も買える!

なるほど…それでは愛も買えるのでしょうか?

愛も買える!金があれば人間なんてみんな好きなようにできるからだ。

なるほど…しかしそのようなものを本当に愛と呼べるのでしょうか?

(・・・・・ぐぬぬ)

このような質問を投げかけ続け、

無知の知を引き出させる問答法のことを産婆術といいます。

産婆術という名称はソクラテスのお母さんが助産師だったことに由来しているんだぜ!

産婆を教育者、妊婦を対話相手に見立てたんだ。

 

プラトン

プラトンはソクラテスの弟子で、

アカデメイアという学園を設立した人物です

プラトンは、師匠のソクラテスを主人公とした

対話形式の著作を数多く残しています。

代表作は『国家』です。

 

プラトンの師匠であるソクラテスは著作を残していなかった。

それでいて、今でもソクラテスが偉大な哲学者として語り継がれているのはプラトンの著作のおかげなんだぜ

 

アリストテレス

アリストテレスはプラトンの弟子で、哲学を学問として体系化した人物です。

学塾リュケイオンを設立したことで知られています。

 

3人の覚え方

ソクラテス

【解説】

ムチムチ→「無知の知」

ばあ→ 産婆術の 婆(ばあ)

 

プラトン

【解説】

赤→アカデメイア

国花→著作『国家』

※イギリスの国花は赤いバラ

 

アリストテレス

【解説】

理系→ケイオン

別の覚え方としては

「アストテレス」と「ュケイオン」

どちらも「リ」が含まれる というものがあるぜ

 

確認問題

ちゃんと覚えられたか過去問で確認だ

問題

(2016年教育原理より出題)

次の【Ⅰ群】の記述と【Ⅱ群】の人物を結びつけた場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

【Ⅰ群】
A  自分が無知であることを自覚する「無知の知」を

思索の出発点とすることによって臆見を排し、

知を愛し求めることを人間性の根本ととらえた。弟子たちに対話の中で問いかけ、

学ぶ者が自ら答えを見出すよう促す「産婆術」という教育の方法を示した。

 

B  経験論の代表者。

人間の精神は本来白紙(タブラ・ラサ tabula rasa)のようなものであり、

経験が意識内容として観念を与えるとした。

これは「白紙説」ともよばれ、

知識を獲得させる教育は、白紙の子どもの精神に外からいろいろと刺激を与え、

観念を構成していくことだとした。

【Ⅱ群】
 ソクラテス

 ロック

ウ  アリストテレス

 

答え

A  自分が無知であることを自覚する「無知の知」を

思索の出発点とすることによって臆見を排し、

知を愛し求めることを人間性の根本ととらえた。弟子たちに対話の中で問いかけ、

学ぶ者が自ら答えを見出すよう促す「産婆術」という教育の方法を示した。

→ソクラテス

 

B  経験論の代表者。

人間の精神は本来白紙(タブラ・ラサ tabula rasa)のようなものであり、

経験が意識内容として観念を与えるとした。

これは「白紙説」ともよばれ、

知識を獲得させる教育は、白紙の子どもの精神に外からいろいろと刺激を与え、

観念を構成していくことだとした。

ロック

 

まとめ

要点

ソクラテス

無知の知・産婆術

 

プラトン

アカデメイアの設立者・代表作『国家』

 

アリストテレス

リュケイオンの設立者

関連記事