1 保育原理

城戸幡太郎を解説!「保育原理」・「教育原理」で出題!社会中心主義【保育士試験】

このページはこんな人におすすめ
  • 「保育原理」・「教育原理」を受験する人
  • 城戸幡太郎がどんな人物かわからない人
どーも! ほいくまさきだぜ!

今回は出題数が近年激増している

城戸幡太郎についてサクっとやっていこうぜ!

城戸幡太郎の要点
  1. 保育問題研究会を設立
  2. 倉橋惣三の児童中心主義を批判
  3. 社会中心主義
  4. 著書「幼児教育論」
  5. 「社会協力の訓練」が指導原理
このブログでは保育士試験に独学一発合格したほいくまさきが、保育士試験のポイントを解説しているぜ!

YouTubeもやってるぜ★


プロフィール

城戸幡太郎は、大正~昭和時代に活躍した教育心理学者であり

北海道大学の名誉教授です。

1936年(昭和11年)、保母と保育の専門研究者が共同する研究団体である

保育問題研究会を設立しました。

 

社会中心主義

城戸幡太郎は社会中心主義で、倉橋惣三の児童中心主義を批判しました。

著書『幼児教育論』でも大人が子どもを導く必要性を主張し、

「社会協力の訓練」を指導原理としました。

 

確認問題

ちゃんと覚えられたか過去問で確認しようぜ

問題

次の【Ⅰ群】の記述と、【Ⅱ群】の人物を結びつけた場合の

正しい組み合わせを一つ選びなさい。

【Ⅰ群】

 愛知県出身。欧州を数年旅した後、

1875(明治8)年に東京女子師範学校の創設とともに英語教師として招かれる。

翌年、東京女子師範学校附属幼稚園の開設に伴い初代監事に任じられた。

 愛媛県出身の心理学者・教育学者。

1936(昭和 11)年に保育問題研究会を結成し、その会長に就任。

研究者と保育者の共同による幼児保育の実証的研究を推進した。

 兵庫県出身。東京女子師範学校卒業後、同校附属幼稚園の保母となる。

その後、華族女学校附属幼稚園で保母をしながら、

1900(明治 33)年に二葉幼稚園を設立した。

【Ⅱ群】

 松野クララ

 野口幽香

 倉橋惣三

 関信三

 城戸幡太郎

 

答え

 愛知県出身。欧州を数年旅した後、

1875(明治8)年に東京女子師範学校の創設とともに英語教師として招かれる。

翌年、東京女子師範学校附属幼稚園の開設に伴い初代監事に任じられた。

エ 関信三

 

 愛媛県出身の心理学者・教育学者。

1936(昭和 11)年に保育問題研究会を結成し、その会長に就任。

研究者と保育者の共同による幼児保育の実証的研究を推進した。

オ 城戸幡太郎

 

 兵庫県出身。東京女子師範学校卒業後、同校附属幼稚園の保母となる。

その後、華族女学校附属幼稚園で保母をしながら、

1900(明治 33)年に二葉幼稚園を設立した。

イ 野口幽香

松野クララ・野口幽香・関信三の詳しい解説はこちら↓

東京女子師範学校附属幼稚園と二葉幼稚園を解説!覚え方!野口幽香etc【保育士試験】独学合格者が保育士試験の東京女子師範学校附属幼稚園と二葉幼稚園の頻出事項を解説します!覚え方も!野口幽香や松野クララについても詳しく解説しています。...

倉橋惣三の詳しい解説はこちら↓

倉橋惣三を解説!【保育士試験】誘導保育・「生活を生活で生活へ」の意味 https://www.youtube.com/watch?v=GWxdZUgbZgI ...

 

まとめ

城戸幡太郎の要点
  1. 保育問題研究会を設立
  2. 倉橋惣三の児童中心主義を批判
  3. 社会中心主義
  4. 著書「幼児教育論」
  5. 「社会協力の訓練」が指導原理

関連記事