2 教育原理

本居宣長・広瀬淡窓を解説【保育士試験】私塾・鈴屋・咸宜園

どーも!ほいくまさきだぜ。

今回は「教育原理」で出題される

私塾を開いた人物、本居宣長と広瀬淡窓ひろせたんそうについてやっていこうぜ!

本居宣長・広瀬淡窓ひろせたんそうの要点
  • 【本居宣長】鈴屋すずのやを開いた
  • 広瀬淡窓ひろせたんそう咸宜園かんぎえんを開いた

【私塾】ってなに?

近世から近代初期にかけて流行っていた塾のこと!

現在の大学レベルの教育を行った学者の私的な塾。

保育士試験で出題される代表的な私塾

・本居宣長の鈴屋すずのや

広瀬淡窓ひろせたんそう咸宜園かんぎえん

(↑このページで取り扱うよ!)

・緒方洪庵の適塾

・吉田松陰の松下村塾

このブログでは保育士試験に独学一発合格したほいくまさきが、

保育士試験のポイントを解説しているぜ! YouTubeもやってるぜ★


本居宣長

どんな人?

本居宣長は江戸時代の国学者です。

鈴屋すずのやという自宅の書斎で私塾を開きました。

鈴屋すずのやでは国学を教え、日本人らしさの探求を行いました。

「本居宣長」は歴史の授業でやったことがあるんじゃないかと思うぜ!

保育士試験では出ないが『古事記伝』を書いたことで有名だ。

 

【覚え方】本居宣長→鈴屋

実際、本当に本居宣長は鈴コレクターで鈴がだいすきだったんだ

鈴が好きだから書斎の名前を「鈴屋すずのや」と名付けたんだぜ

 

広瀬淡窓ひろせたんそう

どんな人?

広瀬淡窓ひろせたんそうは江戸時代の儒学者です。

咸宜園かんぎえんという私塾を開いた人物として知られています。

咸宜園かんぎえんの特徴は入塾時の学歴・身分・年齢を問わない塾であることです。

本人の学問の達成度や実力を重視し、門人ひとりひとりの持ち味を尊重した塾になっています。

【覚え方】広瀬淡窓→咸宜園かんぎえん

 

まとめ

本居宣長・広瀬淡窓ひろせたんそうの要点
  • 【本居宣長】鈴屋すずのやを開いた
  • 広瀬淡窓ひろせたんそう咸宜園かんぎえんを開いた