1 保育原理

ルソーを解説!【保育士試験】

このページはこんな人におすすめ!
  • 「保育原理」「教育原理」を受験する人
  • ルソーの思想がよくわからない人
  • 「自然の教育・事物の教育・人間の教育」の意味を知りたい人
  • ルソーの『エミール』の内容がわからない人

どーも ほいくまさきだぜ

今回は保育士試験で頻出の

フランスの変態紳士、ルソーを完全解説していくぜ!

このブログでは保育士試験に独学一発合格したほいくまさきが、保育士試験のポイントを解説しているぜ!

YouTubeもやってるぜ★

ルソーの要点
  1. 性善説派
  2. 消極的教育を提唱した
  3. 教育を3つに分けた(自然の教育・人間の教育・事物の教育)
  4. 子どもの発見者
  5. 『エミール』で教育思想をまとめた
  6. 『エミール』以外にも『社会契約論」』や『人間不平等起源論』を書いた

ルソーの思想 ~消極的教育~

突然ですが、あなたは犬派ですか?

猫派ですか?

 

僕は選べません

 

犬派、猫派のように立場が分かれるものに

性善説派性悪説派というものがあります。

  • 【性善説】人間は生まれたときは良い人。でも環境しだいで悪い人になったりする。
  • 【性悪説】人間は生まれたときは悪い人。だから教育が必要。

ルソーは性善説派です。

性善説派のルソーは

子どもはもともと良い心をもってて

経験からちゃんと学ぶことができるんだから

大人が必要以上に教え込む必要なんてない。

大人は子供の自発的な行動の補助をする教育をすればいい。

と考えました。

このような子どもに積極的に介入しない教育を的教育といいます。

 

自然の教育・人間の教育・事物の教育

ルソーは教育について

3種類の教育を調和させることが大事だ

と考えました。

その3種類の教育が

①自然の教育

②人間の教育

③事物の教育

です。

自然の教育?人間の教育??事物の教育???

よくわかんないなあ…

…………と思ったそこのあなた!!!

仲間です。僕も試験勉強中そう思いました。そこで

教育 → ~が教えてくれること

と読みかえてみましょう。こうすると少し分かりやすいです。

ひとつひとつ説明します。

①自然の教育自然が教えてくれること 

人間の内なる自然の教育。

手足が徐々に動かせるようになったり話せるようになるといった自然な内部の発展のこと。

(人間の力ではどうすることもできない)

 

②人間の教育→人間が教えてくれること 

親や学校の先生などの大人による教育。

 

③事物の教育事物(実物)による経験が教えてくれること

子どもが経験から学ぶ教育。

ルソーは

自然の教育】だけは人間の力でどうにもならない

優れた教育のためには残り二つの教育である【人間の教育】【事物の教育】を【自然の教育】に合わせていこう

とし、自然の教育を重視しました。

子どもの発見者 ルソー

現代の世間では、子どもは

「大人とは違う存在」「慈しむべき存在、たくさんの可能性がある存在」

だと世界で思われています。

しかしルソーが出てくる前は、そもそも「子ども」という概念がなく、

「子どもは小さい大人」「何かが欠損している存在」

という考え方が一般的でした。

この考え方をルソーは否定し、

子どもは大人と全然違う存在。

子どもは子ども。 子どもは小さな大人じゃないんだ。

という考えを示しました。このことからルソーは子どもの発見者とよばれています。

ルソーの思想はペスタロッチフレーベルに受け継がれ、近代教育の源流が生まれていきました。

『エミール』って何?

『エミール』はルソーが書いた小説です。

保育士試験ではルソーと『エミール』がセットで出てくることが多いです。

『エミール』

理想的な家庭教師が、エミールという名前の人間を赤ちゃんのときから結婚するまでどんな風に育てるかを書いた教育小説

 

ルソーは「消極的教育」「三種類の教育」「子どもの発見」について、この『エミール』で書きました。

余談なんだが

何百年受け継がれる教育小説を書いておきながら

ルソー自身は自分の子供5人全員を孤児院の前に捨てているんだぜ。

ちょっとビックリしちゃうぜ。

ほかの著作

ルソーは『エミール』以外にも超有名な「社会契約論」や、「人間不平等起源論」を書いた人として知られています。

ルソーは多才で作曲もできたんだ。

「むすんでひらいて」のメロディーを書いたのはルソーだと言われているんだぜ!

 

まとめ

ルソーの要点
  1. 性善説派
  2. 消極的教育を提唱した
  3. 教育を3つに分けた(自然の教育・人間の教育・事物の教育)
  4. 子どもの発見者
  5. 『エミール』で教育思想をまとめた
  6. 『エミール』以外にも『社会契約論」』や『人間不平等起源論』を書いた

ルソーはフランス革命やアメリカ独立にも影響を与えた超すごい人だったんだ

でも実は露出狂で、女性に外でいきなりおしりを見せつけて喜んでいるような超やばい人でもあったんだぜ

天才と変態は表裏一体なんだな

……フフフ

関連記事