3 社会的養護

里親制度を解説!【保育士試験】

このページがおすすめな人
  • 保育士試験で出題される里親のポイントを知りたい
  • 社会的養護・子ども家庭福祉を受験する方

どーも! ほいくまさきだぜ

今回は「社会的養護」や「子ども家庭福祉」で出題される

「里親制度」について詳しく解説していくぜ!

このブログでは保育士試験に独学一発合格したほいくまさきが、

保育士試験のポイントを解説しているぜ! YouTubeもやってるぜ★

ここが出題される!「里親制度」

「里親制度」の要点
  1. 実施主体は都道府県
  2. 里親に認定するのは都道府県知事
  3. 受け入れ児童の年齢は原則18歳まで(20歳まで延長可能)

里親制度の主体は?

里親制度の実施主体は都道府県です。

都道府県知事や、都道府県の管轄である児童相談所・乳児院・児童養護施設などが里親支援の主体となっています。

里親になる流れは?

里親希望者は児童相談所で登録申請を行います。

その後、児童相談所は里親希望者の家庭訪問を行い、里親の適否について調査を行います。

里親に適すると判断した人に都道府県知事が認定を出します。

里親の対象児童は?

里親の対象は新生児から高年齢児までのすべての要保護児童です。

原則18歳まで(20歳まで延長が可能)と定められています。

里親というと、ワンちゃんや猫ちゃんの里親のイメージから

「完全に家族になる」というイメージを持つ人も多いと思う!

だが実際は子どもの里親は一定期間の養育を行う制度なんだ。

血縁がない子どもと親子関係になるのは養子縁組なんだぜ。

 

里親の条件はあるの?

基本的に資格などは必要ありません。結婚していなくても、子供がいてもいなくてもなれます。

が!研修を受ける必要があったり、経済的に困っていないことが条件です。

ただし後述の親族里親に関しては例外だ。

親族里親は研修の受講が任意で、経済面に関する基準も定められていないぜ。

里親は何種類?

里親は4種類あります。

  1. 養育里親
  2. 専門里親
  3. 親族里親
  4. 養子縁組里親
それぞれ出題されるポイントが違うんだ。

1つ1つ解説していくぜ!

里親の種類

「里親の種類」の要点
  1. 養育里親・・・基本的な里親。
  2. 専門里親・・・専門的な援助が必要な子を育てる里親。養育に専念できることが条件。
  3. 親族里親・・・祖父母などの親族が養育する里親。研修の受講が義務ではない。里親手当はなし。
  4. 養子縁組里親…将来養子縁組を希望する里親。里親手当はなし。

①養育里親

養育里親は基本的な里親で、一定期間家庭で養育する里親です。

4種類の里親の中で最も数が多いのも養育里親です。

②専門里親

専門里親は養育里親の一種で、

虐待・非行・障害などの理由により専門的な援助が必要な子を養育する里親のことです。

専門里親は養育里親の一種だから、専門里親は養育里親名簿に登録されているんだ。「専門里親名簿」じゃないから注意だぜ。

専門里親は養育に専念できることが条件になっています。

また専門里親になるためには↓の3つの条件のどれかをクリアする必要があります。

  1. 養育里親として3年以上の経験
  2. 児童福祉事業に年以上の経験
  3. 都道府県知事が①②の要件と同等と認めた者
「3年」というのがポイントになっているんだぜ

③親族里親

親族里親は祖父母などの親族が子供を養育する里親です。

特徴は4つあります!

  1. 里親研修が義務じゃない他の3種類の里親は都道府県の研修を必ず受ける
  2. 経済的な条件がない(他の里親は「経済的に困窮していないこと」が条件)
  3. 里親手当はない(生活費などは支給される)
  4. 里親名簿に登録が必要ない
親族里親は基準が緩いのが特徴だ。身内だから里親手当もないぜ。

④養子縁組里親

養子縁組里親は、将来養子縁組を希望する里親です。

本当の家族である養子縁組を目指すため、

里親手当がない(生活費などは支給される)のが特徴です。

里親手当についてまとめるとこんな感じだ↓

里親手当あり➡養育里親・専門里親

里親手当なし➡親族里親・養子縁組里親

 

まとめ

「里親制度」の要点
  1. 実施主体は都道府県
  2. 里親に認定するのは都道府県知事
  3. 受け入れ児童の年齢は原則18歳まで(20歳まで延長可能)
「里親の種類」の要点
  1. 養育里親・・・基本的な里親。
  2. 専門里親・・・専門的な援助が必要な子を育てる里親。養育に専念できることが条件。
  3. 親族里親・・・祖父母などの親族が養育する里親。研修の受講が義務ではない。里親手当はなし。
  4. 養子縁組里親…将来養子縁組を希望する里親。里親手当はなし。

関連記事